ITJ(Interference Technology日本版)10月号_no89
15/24

STANDARDS122021.10 INTERFERENCE TECHNOLOGY 日本版いて法的なアドバイスを受けて顧客に警告すると同時に、製品を設置した際に「最後の藁※(last straw)」となってしまった場合の責任を限定することを強く勧める。 また高調波規格に厳しい制限があっても、英国の役人にはEMC規則を施行する能力や意欲がないようなので、制限値を大きく満たさない製品を故意に販売している英国企業がある。 こうした企業は、製造コストを削減し、責任を遂行する企業からは市場シェアを奪えるので、うまくやったと思っているのかもしれない。だが、自分たちが犯している莫大な財務リスクや、顧客や第三者を危険にさらす火災安全リスクを認識していない。 このような事例が1つでもあれば、会社は完全に破滅し、取締役が個人的に破産する可能性がある。私はこのようなケースで技術関連の鑑定人をしていたので、自分が何を言っているかはよくわかっている。 多くの会社では、電源高調波が潜在的に非常に有害であるということを十分、理解している取締役は、おそらくあまりいないだろう。万一、取締役が高調波について考え及んでいたとしても、EMCに対して何も対策をしないと考える多くの人たちと同様、何でもないことに大騒ぎしているだけと思うだろう。従って、読者諸氏が電源高調波の問題に注目したなら、それぞれの会社の重役陣に伝えていってほしい。 全てのEU指令が、関連する整合試験規格に単に適合するだけでなく製品のリスク評価の文書化を要求していることを知っている取締役も、めったにいない。施設が焼失したり閉鎖されたりして、非常にコストのかかる方法で生産が失われ、その原因が高調波電流となれば、弁護士は誰を攻撃相手にするか決める前に、これらのリスク評価文書を実際に注意深く読むことだろう。 反対に、高調波電流の流出量が少ない機器やシステムを提供できれば、関連規格に適合する必要がない場合でも、マーケティングや販売においてメリットがある。営業やマーケティングに取り組む人々のために、きっと役に立つはずである!著者略歴Keith Armstrong氏は、ロンドンのImperial Collegeを1972年に卒業し、電気工学の優等学位(Honours Degree)を取得。1977年からIEE/IET、1997年からIEEEに属している。2010年にはIETのFellow会員およびIEEEのSenior会員に指名された。電子設計者として働いた後、プロジェクト・マネージャーおよび設計部門マネージャーとなり、その後1990年にCherry CloughConsultants会社を起業。企業が実証済みの優れたEMC工学手法を使用することで財務リスクを減らし、プロジェクトの所要時間を短縮できるよう支援している。過去27年間にわたり、世界中の800を超える顧客に設計コンサルティングとトレーニングコースを提供し、優れたEMC工学技術とEMC機能安全に関する多くの論文を発表、多くの記事と3冊の本を出版した。1997年以降、EMCと機能安全に関するIETの作業部会の議長を務めており、61000-1-2(機能安全のためのEMCの基本規格)、60601-1-2 (医用機器のEMCのリスク管理)、61000-6-7(機能安全に関するEMCの一般規格)に関して、IEC委員会で英国から任命された専門家である。連絡先:keith.armstrong@cherryclough.com.[※訳者注] 売買した製品が顧客の他の製品に追加されたため高調波問題が発生した状況を「最後に加わったもの」として比喩的に表現している。元々のlast strawは慣用句で「我慢の限界」という意味。イベント開催日程 2021年10月26日~28日 MWC MOBILE WORLD CONGRESS AMERICAS https://www.mwclosangeles.com/ (ロサンゼルス/米国カリフォルニア州 2021年11月16日~19日  AES 2021, THE 8TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ANTENNAS AND ELECTROMAGNETIC SYSTEMS) https://aesconference.org/index.php/AES22/AES22  マラケシュ(モロッコ) 2021年10月24日~29日 43rd Annual Meeting and Symposium of the Antenna Measurement Techniques Association https://2021.amta.org/ デイトナビーチ(米国フロリダ州) 2021年10月26日~28日 AUTOMOTIVE TESTING EXPO 2021 https://www.testing-expo.com/usa/en/ ノバイ(米国ミシガン州)

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る