ITJ(Interference Technology日本版)10月号_no89
13/24

STANDARDS102021.10 INTERFERENCE TECHNOLOGY 日本版EMC指令に基づくEMC規格の多く(おそらく全て)には、特定の機器に対する除外規定(逃げ道)がある。電源系統への高調波流出の限度値設定でIEC/EN 61000-3-2 Ed.5: 2018を例に除外条項を次に示す。1.定格電力が5 W未満の照明器具2.定格電力が75 W以下の機器。例えば電源/充電器ユニット3.合計定格電力が1 kWを超える「プロフェッショナル」用製品4.IEC60335-2-14に準拠した厨房機器5.白熱電球に電力を供給する場合は1 kW未満、他の照明機器に電力を供給する場合は200 W(後縁)または100 W(前縁)未 満の独立した位相制御調光器6.舞台照明およびスタジオ用のプロフェッショナル用照明器具7.50 Hzまたは60 Hzのいずれかで、220/380 V、230/400 V、240/415 V以外の電源電圧から電力を供給される機器。 このような除外が存在するのは、該当製品が以前は比較的少なかったので、高調波限度値を適用して製品のサイズが大きくなることやコス電源高調波の流出は、悪影響でしかない:規格の限度値や適用除外に依存するのは不適切Keith Armstrong

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る